牛タン塩レモン

     
     伝通院用に仙台で牛タン買ったついでに、自分用にも買って、冷凍庫に入れておいたのを、昨夜焼いて食べました。冷凍庫から出して冷蔵庫で自然解凍して焼くようにと説明書に書いてあったので、その通りにしました。塩味で、焼けたものにレモンを絞っていただきました。写真に3切れ映っていますが、これが1パック一人前のようです。
     伝通院には、都合の良い日を決めて連絡して欲しいと言ってありますが、まだ返事が来ません。仙台土産の牛タンは、冷凍庫で3カ月保存できるようです。あんまりグズグズしていると、賞味(消費)期限切れちゃいますよ。私、食べちゃいますよ。
  • 2018.02.16 Friday
  • 13:39
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

明日はお出かけ

     明日夜から事件支援の関係で渋谷に出かけます。家を出るのは午後5時半頃で、帰りは何時になるか分かりません。空き巣対策よろしくお願いします。
  • 2018.02.15 Thursday
  • 19:31
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

肉ナシ仙台麩じゃが


     昨晩、肉ナシ仙台麩じゃがを作りました。肉ナシで仙台麩と玉ネギ・人参・ジャガイモ・しらたきで作りました。まぁまぁ美味ですが、もうひと工夫必要と思います。麩は栄養豊富でヘルシーで保存がきくので、玉ネギ・ジャガイモ・人参と共に常に用意しておいて、気軽に麩じゃがを作ろうと思います。今回は仙台麩を使いましたが、私の母方は新潟出身なので、車麩料理も覚えようと思います。
  • 2018.02.14 Wednesday
  • 17:41
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

「仙台麩じゃが」持って行こうかと


     先週仙台に行った時、仙台駅売店で「仙台麩」を買い、帰ってから仙台麩入りの肉じゃがを作りました。お麩に味が染みて、お肉ナシでも十分美味だろうと、近所のスーパーで探したところ、売っていたのでまた買いました。近々、牛タン持って伝通院に行きますが、私の手料理「仙台麩じゃが」をタッパーに入れて持って行こうかなと思っています。
     伝通院では、私はお茶とお茶菓子でもてなされるんでしょうか。だとすると、仙台麩じゃが持って行ってもしようがないかなと思いますが、どう転んでもいいように、荷物になりますが、芋焼酎も持って行こうと思います。
     
  • 2018.02.12 Monday
  • 23:19
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

茶白を見ました

     先ほど、玄関を開けてしばらくしたら、茶白が寄ってきました。早速ご飯をあげました。あの茶白を兄は家の中に入れて可愛がっていました。が、我が家のクロ子の事をいじめたり追っかけまわしたりで、クロ子がノイローゼになるので、私は入れなくなっています。
  • 2018.02.12 Monday
  • 19:30
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

茶白を見ていない

     仙台から帰って以来、野良ネコの茶白を一度も見ていません。仙台に行くまでは、毎日私が玄関ドアを開けるガチャガチャという音を立てると、どこからともなく素っ飛んできて、ご飯の催促をしていたのですが、仙台から帰って以来、これが一度もないのです。お向こうのお庭の大きな家は、お庭を取り壊してただいま工事中です。重機が入ったり、職人さんが働いている間は、驚いて私のところに寄ってこなかったのですが、仕事を終えて職人さん帰ったり、休みの日には寄って来ていたのです。これもないんです。茶白を見なくても、ご飯を玄関の外に置いておくと、いつのまにか容器が空になっているので、私が見ていない間に食べているのかもしれませんが、我が家の近所には、茶白以外にも野良ネコや放し飼いの飼い猫がいるので、ご飯を食べているのが茶白とは限りません。しばらくご飯を出さずに、様子を見てみようと思います。
  • 2018.02.12 Monday
  • 16:55
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

伝通院には明日電話します

     仙台土産の牛タンを持って伝通院に遊びに行くことになっていますが、明日夕方5時頃に電話して、具体的な日取りを決めようと思います。私としては、平日より土日のほうがいいのかなと思いますが、先方はどう思っているのか分かりません。「仙台に何しに行ったの?」と聞かれるかもしれないので、北陵東京の会の入会申込書なども携えて行こうと思います。
  • 2018.02.12 Monday
  • 16:23
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

叔母ちゃんの荷物を活かしたい

     先日、「2LKくらいに引っ越したい」と書きましたが、また少し考え直しています。東中野のマンションで一人暮らしをしていた叔母ちゃんが老人ホームに入る際、叔母ちゃんの荷物のほとんどは、一軒丸ごとお片づけ業者さんに処分してもらいましたが、なんだか捨てるに忍びない物は我が家に運び込みました。コーヒーカップだったり、お祖母ちゃんの火鉢だったり、大塚の家の離れに飾ってあった細々した物だったり……です。私が2LKに引っ越してしまうと、これらを活かすことができないのです。
     そのため、引越しは止めにして、この家の一階部分を私の普段の居住空間にし、本を読んだり、パソコンに向かったり、机に向かうようなことも一階部分でする。二階部分はお客さん用にし、私が二階に上がるのは、お客さんが来た時と、洗濯物を干すときだけにする。二階に上がるお客さんの中には親族も「ABC…」関係者も含まれる。
     二階の我が六畳間と隣りの八畳間は襖で仕切られているだけだから、襖を外せば十四畳になり、会議室としても使えるだろう。また兄の部屋には小さなキッチンがついているので、お茶とお茶菓子くらいなら、二階で対応できる。
     この方向でリフォーム検討したいと思うが、いずれにしても弁護士Aとちゃんと話し合うのが前提になります。
  • 2018.02.12 Monday
  • 13:12
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

「炎天下の中」って

     母から戦時中の話を繰り返し聞いていますが、「(空襲で?)生き残ったら生き残ったで大変だ。こんな小さなおにぎりを一つもらうのに、炎天下の中を1〜2時間歩く。着いたら着いたで炎天下の中、1〜2時間行列なんだ。これが出来ないヤツはみんな死んでいった」というのがあります。これは私が同期のバレー部員の中で一人残り、高校三年の11月の試合を最後に引退したときに、「よくやた! 一年や二年じゃ分からない。5年や10年でも分からないかもしれない。が、いずれこの体力が物を言うときが必ず来るだろう」という話の中に出てくるものです。
     私はずーっとこの話を戦時中のことと思っていましたが、大塚を含めて豊島区一帯が被災した東京城北大空襲は、昭和20年4月ですから、「炎天下」では辻褄が合いません。また両親は、大塚の家を失った後、父が勤めていた中外製薬の疎開先・千葉の九十九里に身を寄せ、ここで終戦を迎えます。この九十九里では、「イワシを手づかみで食べていて、食べるに困らなかった」のですから、「こんな小さなおにぎりを一つもらうのに、炎天下の〜」だと辻褄が合わないのです。
     で、私は考え直しました。この「炎天下」の話は、ひょっとすると、大正12年9月1日の関東大震災時のことかもしれない、と。9月1日なら、まだまだ残暑厳しい頃ですよね。
     近々、仙台土産の牛タンを持って、伝通院に遊びに行きます。関東大震災では、伯父さん(母の兄)も一緒に被災しているはずです。伝通院の従姉は、伯父さんから何か聞いていないでしょうか。こんな話も聞ければと思っています。
  • 2018.02.10 Saturday
  • 19:08
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

2LKくらいに引っ越したい

     この家、やはり私とクロ子だけで暮らすには大きすぎます。しかも仕事するような間取りにもなっていないしので、光熱費の事など含めて、とても効率が悪いです。
     昨年開運旅行で甲府に行きました。先日北陵支援で仙台に行きました。いずれも宿泊は東横インのシングル喫煙でした。あのワンルームスタイルが私はすっかり気に入ってしまいました。バス・トイレは一体で、朝食は一階ロビーでした。弁護士Aと仕事で組んで「ABC……」を連載するには、会議室にも使える仕事場が必要と思うので、広めのリビングのある2LKくらいのマンションに引っ越すのが賢明なのではないでしょうか。池袋あたりだと高価になりますが、「ABC……」が大ベストセラーになるなら、無理な話ではないと思います。
     この家、売却になるのかな? それにはリフォームしないとならない。そのためにも、この家の片づけを進めていかなくてはなりません。
  • 2018.02.08 Thursday
  • 12:04
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    
| 1/775PAGES | >>