救援新聞豊島版2010年11月号アップしました

    救援新聞豊島版2010年11月号、アップしました。


    ←クリックで実物大


  • 2010.11.25 Thursday
  • 11:07
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

救援新聞豊島版2010年6月号アップしました


    

救援新聞豊島版2010年5月号アップしました


    

救援新聞豊島版2010年3月号、アップしました


    

救援新聞豊島版09年8月号、アップしました


    

救援新聞豊島版09年6月号、アップしました


    

「なくせ冤罪! 5.20大集会」のご案内

    2009年5月20日(水)午後6時30分から、九段会館大ホールにおいて、「なくせ冤罪! 5.20大集会」が開かれます。皆様、お誘い合わせのうえご参加ください。
    くわしくは↓
  • 2009.04.16 Thursday
  • 07:28
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

救援新聞豊島版09年新春号アップしました

     救援新聞豊島版09年新春号をホームページにアップしました。


    ←クリックで実物大がご覧になれます。


    救援新聞豊島版新春号は、全国版とともに、今日我が家に届きました。発送係のSさん、苦労様でした。
  • 2008.12.30 Tuesday
  • 12:17
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

シンポジウム「なぜ、無実の人が自白するのか?」―アメリカの虚偽自白125例が語る真実―

    日弁連主催のシンポジウム「なぜ、無実の人が自白するのか?」―アメリカの虚偽自白125例が語る真実―」が、下記要領で開かれますので、ご案内いたします。

     2008年12月13日(土)13時〜17時
     発明会館(港区虎ノ門2-9-14 地図↓)
      地下鉄銀座線「虎ノ門」駅 3番出口徒歩5分
      地下鉄「霞ヶ関」駅 A13出口 徒歩13分



    プログラム

    1.講演 「アメリカの虚偽自白125例が語る真実」
        講師:スティーブン・ドリズィン氏
        (ノースウェスタン大学ロースクール教授)
    2.特別報告 「免田事件の自白経過」
        報告者:免田栄氏
    3.報告「日本におけるDNA鑑定―再鑑定の保障の必要性」
        報告者:佐藤博史氏(弁護士)
    4.パネルディスカッション
     (自白が生む冤罪・冤罪の悲劇を生まないために」
        パネリスト   :スティーブン・ドリズィン教授
                 桜井昌司氏(布川事件請求人)
                 小坂井久氏(弁護士)
        コーディネーター:高野隆氏(弁護士)      

     

    powered by 地図Z


     このシンポジウム、日弁連主催ではあるけれど、名張事件の弁護士が軸になって動いているとか。私の場合、家庭の事情があって、長時間外出は出来ないし、「突っ込み名張」が作りたいと思っているので、シンポジウムの終盤から参加して、飲み会で具体的な話あできればと思っています。
  • 2008.12.11 Thursday
  • 22:12
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

08年12月救援会豊島支部会議

     日付けが変わってからの更新なので、昨日のことになります。昨日(12月2日)は夜から、救援会豊島支部会議が城北法律事務所の会議室で開かれました。参加者は6名で、都本部のOさんは他用があって欠席だったので、都本部のホームページの話はできませんでした。
     昨日の支部会議でとにかく驚いたのは、葛飾マンションビラ配布事件の主任弁護人の中村欧介さんが亡くなったという知らせです。37歳ですって。12月19日の集会には、裁判員制度に反対の小田中先生も来ることだし、飲み会で話もできるだろうから是非参加しようという話になったときに、中村弁護士が亡くなったと聞かされたのです。私自身は二回くらいしかお目にかかっていませんけど、それでもかなりのショックなのだから、身近な方はさぞかでしょう。ご冥福を祈りいたします。
     
     支部会議では他に、11月15日の支部大会は少人数だったけれども、事件関係者だけでも3人来たし、内容は充実していて成功だったことや支部ニュース新年号について話し合われました。私は一審が採用せず、二審が採用した証拠など、痴漢冤罪練馬駅事件の資料に目を通した感想文を新年号に書くことになりました。資料は都本部に揃っているようなので、近日中に出かけようと思います。出かけたついでに布川事件の守る会費も払おうと思います。布川の守る会費は月額200円なのですが、私は三口会員で、月額600円です。これをここ数年払っていなかったのだけれども、後見報酬も入ったことだし、練馬駅事件の資料を見に都本部に行ったとき、払ってしまおうと思うのです。

     
     支部会議終了後の飲み会は、いつものお店で参加者4名でした。


    いつものお店から撮った池袋西口の夜景。

    ブリカマ塩焼き。おいしかったです。

    日本酒「杉蔵」。忠臣蔵の屋すべ堀部安兵衛が飲んだ酒とのこと。

    日本酒「華やぐ」。


     上記写真はケータイのカメラで撮ったものです。ブログには充分かもしれないけれど、支部ニュースに印刷となると、この画質ではチョット力不足なんですよね。それはさておき飲み会では、次回支部会議は来年一月だから、会議は早めに切り上げて、新年会とカラオケにしようということになりました。これからいろんな人に声をかけます。
  • 2008.12.03 Wednesday
  • 05:51
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    
| 1/3PAGES | >>