「裁判員制度にとどめを! 5.18全国集会」

     昨日は午後6時半から日比谷公会堂において「裁判制度にとどめを! 5.18全国集会」が開かれ、私は7時頃からの参加となりました。


     ひとたび起訴されたら99パーセント有罪ということは救援会にいてもしばしば聞いていますが、裁判員裁判は100パーセント有罪で、冤罪防止どころか重罰化になっている。
     裁判所発表(大本営発表)がどうあろうとも、実質的な出頭率は30パーセントで制度はすでにボロボロ。もう一押しで制度を廃止させることができるだろうとのことです。また「やってもいい」という人が残ってやったにもかかわらず、裁判終わったあとの感想は「ウンザリ」がほとんどで、「これは徴兵制だ」と言い出す人もいるようです。
     私自身は参加したくありません。冤罪支援だけで手一杯で、事実認定に争いのない事件にまで引っ張り出されるなんてごめんですね。
     
  • 2010.05.19 Wednesday
  • 10:30
  • 裁判員制度
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 10:30
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)