歯医者の霊がついている 2005年2月号

     この記事の続きです。



     合評会(1月9日)が終わると、こんどは世の中も家の中も騒然としました。世の中はNHKの内部告発で騒然とし、家の中は母が兄と言い合っていました。私は蚊帳の外にいて、何を言い合っているのか知りません。ただ土曜の会合評会が終わったあとの飲み会で、私が「お金がない」と言ったら、「アレアレ、お兄さんはどうしているの?」と聞かれているので、なにか関係あるかもしれませんが、とにかく家の中がガタガタしていて、年賀状どころではなかったのです。
     そうこうするうちに19日の救援会豊島支部会議で、救援新聞豊島版05年2月号は2月5日号となり、印刷発送まで考えると時間に余裕はなく、印刷を終える頃には、「そのうち書こう」「そのうち書こう」と思っていた年賀状を「もうどうでもいいや」と思いうようになり、結局、長年「そのうち行きます」と書いた年賀状を2005年は出さなかったのです。そうしたら、歯医者のほうから私のところにやってきたのです。
     私は歯医者が弁護士Aのところに行き、スパイ大作戦を伝えたと思っています。動かぬ証拠を見ていないので、妖怪が誰なのか、何があったのかも私は知りませんが、2006年4〜5月にかけて、私がHPに歯医者のことを書くようになってから、「共謀罪を! 強行採決を!」と声高に叫ばれるようになったので、多分、共謀罪が関係しているのだと思います。また同じ頃、民主党の小沢一郎さんが「共謀罪、ちょっとイメージ悪すぎる。単独(当時の自公与党)でやる度胸はないよ」とテレビで言っていたから、よっぽどの証拠映像が撮れたのだと思います。だとすると、救援新聞聞豊島版05年2月号は、歯医者にはショックが大きすぎたのかもしれません。
  • 2010.07.11 Sunday
  • 12:46
  • 歯医者の霊がついている
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 12:46
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)