御射山先生との思い出 ―于颪

     私と0学開祖の御射山先生との、そもそもの出会いは1987(昭和62)年の7月頃だと思います。
     1987(昭和62)年といえば、この年の1月某日にアルバイト先の本屋の奥さんと、バブルのことやら学生時代のことやら聖書のことなど、二時間ほどしゃべりこみ、その数日後にこの本屋を退職しています。こんどは3月某日に、弁護士Aのところに就職の面接に行って、一時間しゃべりこみ、再会を約束してそのまま帰ってしまいます。
     そして御射山先生との出会いもやはり就職の面接でした。たしか読売新聞だったと思います。御射山先生が求人欄に求人広告を出していて、それを読んだ私が池袋の0学院教室・事務所に出かけて行ったのです。その年の1月までアルバイトをしていた本屋さんでは、ちょうどバブル期でもあり、長谷川慶太郎などの本も売れていましたが、細木数子の占いの本も売れていまして、「これは当たる」と思っていたし、もっと占いを勉強したいとも思っていたので、0学の求人広告を見たとき、私は迷わず面接に行きました。
     結局、0学院では働かず、御射山先生の紹介で美容室で働くことになりました。御射山先生はこの美容室の顧問で、オーナーばかりでなく歴代の店長が、人事のことや改装のことなどを御射山先生に相談していたのです。私も美容室で働きようになってからは、お店のことを相談していました。が、0学そのものも魅力あるもので、御射山先生のそばにいて多くを学ばせていただきました。
     
    今回はここまでです。また書きます。
  • 2007.01.13 Saturday
  • 19:48
  • 御射山先生との思い出
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 19:48
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)