御射山先生との思い出 歯医者と居酒屋

     平成2年3月に大塚の家を売ってから、私は歯医者に通うようになります。私の歯はガタガタで、ちゃんと治すとなると、時間もかかるしお金もかかることは自分で分かっていたので、歯医者選びは慎重にと母に相談してみました。
    「真理子が歯を治したいって言っている。良い歯医者ないかしらねぇ」
     と、四谷で薬局を開業している学生時代からの母の友人Nさんに母が話したら、
    「歯医者なら東京医科歯科。あそこいいよ。私いつもあそこだよ」。
     というわけで、私はお茶の水の東京医科歯科大学歯学部病院に通うことになりました。
     ああいう大きなところは、虫歯を治す科と、義歯を扱う科と、科が分かれていて、私はまず虫歯を治すことになりました。予約が詰まっていて私の番になるまで半年待ちました。半年待って半年通って虫歯の治療を終え、こんどは義歯の科に移るのですが、ここでは向こう3年予約が詰まっていて、3年待つと言われたので、開業医を紹介してもらうことにし、紹介してもらったのが東池袋の歯科医院でした。東京医科歯科では、「お金のことでもなんでも、何か問題が起きたら一人で抱えていないで、こちらに相談してください」と言われ、これなら安心と、池袋の歯科医院に通うようになりました。通い始めると私の場合、義歯を入れるには、その前に奥歯を矯正する必要がありました。
     私が勤めていた美容室は、新宿のショッピングセンタービルの中に出店していて、私は一日に2回、ビルの社員食堂で食事をしていました。
    「最初のうちは食事のときに痛むので、お粥のような柔らかいものしか食べられなくなりますが、一ヶ月ほどで痛みは治まります」
     と、あらかじめ矯正の先生から説明を受けていたので、驚きはしませんでしたが、社員食堂のメニューにお粥のような柔らかいものはなく、矯正を始めてみると本当に食事に困ってしまいました。それで思いついたのが居酒屋でした。なめこおろし・シラスおろし・冷奴・アジのたたき・イワシのたたき・お茶漬け……など、居酒屋には噛まずに飲み込める柔らかいものがあるはずで、一日分の栄養を居酒屋で補給しようと思いついたのです。
     一人で飲み屋に入るなんてことしたことないので不安はありましたが、御射山先生が4階にお部屋を借りていて、私も3階に借りていた、池袋の、とあるビルの1階に居酒屋があり、ここなら4階に御射山先生もいることだし安心と、思い切って入ってみました。矯正の先生から、「一ヶ月くらいで痛みは治まる」と説明を受けていたので、普通の食事が取れるようになったら居酒屋通いは止そうと思っていたのですが、もともと飲むも食べるも作るも大好きで、飲み屋のママをしながら文豪になりたいと、人にしゃべっていたこともある私ですし、社員食堂の夕食が午後4時半からで、9時10時になるとまた何か食べたくなってしまって、止められなくなってしまいました。
     しかし御射山先生が池袋から新宿御苑に移ってからは、新宿の美容室での仕事を終えてから池袋に帰るのではなく、新宿御苑の御射山先生のところに、相談に行ったり遊びに行ったりするようになったので、この居酒屋からも足が遠のくようになりました。やがて私自身が美容室を退職し、我が六畳間のある我が家に落ち着き、母に代わって台所のことをしたり、文学学校に通ったり、えん罪の支援をしたり、また歯医者に通ったり……池袋では救援会の仲間と飲むようになります。

     日記にも書いたように、昨年5月、私はほかのことに何も手がつかないほど物思いにふけり、長いこと忘れていた「カルテの裏の走り書き」のことなどを思い出しました。その5月に、10年ぶり、あるいはそれ以上かもしれません。私は久しぶりに、とあるビルの1階の居酒屋のマスターを見かけました。昨年5月25日の木曜日のこと。池袋西口布川事件駅頭宣伝で、のぼり旗を立て、ゼッケンをつけ、ハンドマイクで宣伝しながら、ビラを配っている私たちを、この居酒屋のマスターが珍しそうに遠くから見ていたのです。声をかけようかと思ったのですが、私には仲間もいることだし、「あの人、誰?」と仲間に聞かれても話が長くなって困るので、声をかけるのは止め、仲間といつものお店に行きました。
     とあるビルの1階のお店がなくなっているのは知っています。あのマスターは、いまもどこかで居酒屋をしているのでしょうか。どうなんでしょう。
  • 2007.01.31 Wednesday
  • 19:30
  • 御射山先生との思い出
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 19:30
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)