裁判員制度はいらない! 6.29集会

     四谷区民センターで開かれた「裁判員制度はいらない! 6.29集会」へ行ってきました。かなり大勢の人が集まっていて、盛会だったと思います。
     そもそも私がこの制度に疑問を持ち始めたのは、昨年末ごろ、裁判の資料を読みながら、「突っ込み布川」を書いていたときのことです。その疑問をブログに書いたら、「裁判員制度断固反対」の高野さんからコメントをいただいて>、それがご縁でときどき高野さんのサイトを訪問するようになり、このたびの集会のことも高野さんのサイトで知りました。その高野さんともお会いできました。
     集会の様子は一般紙でも紹介されました。

    ←集会の様子を報じた朝日新聞の記事
    クリックで大きい画像の方が見れます。そのほうが見やすいです。


     左の写真は、模擬裁判劇「美しい国の裁判員時代」の様子です。

    「秘密! 秘密!」の裁判員制度
     この劇を見ていて、裁判員制度というのは、本当になにもかも秘密なんだなと思いました。
    「 裁判員制度断固反対」の高野さんのブログに、四国新聞の記事紹介とともに次のようなことが書いてありました。
     模擬裁判で裁判官が市民の意見に聞く耳を持たず、専門知識に基づく誘導を行い、裁判員になった女性が「市民の感覚で意見を言いたかったのに、あまりに威圧的」と憤慨したとのこと。
     ただ、これは模擬裁判だから憤懣を述べることもできましたが、実際の裁判員裁判でこういうことをしゃべると、守秘義務違反で逮捕されてしまいます。
     ビラ配布で逮捕者続出しているご時勢に、こんどは裁判員で逮捕者が続出する可能性があるのではないでしょうか。
     という、評議の内容を口外してはならないということは、私もこれまでに聞いたことがあるのですが、劇の中で、裁判員に選ばれた人が仕事を休むのに、職場の人に事情を話そうとしたら止められて、「ずる休みと思われてしまうではないか……」とつぶやく場面がありました。裁判員に選任されたこともしゃべっちゃいけないんですか? ずる休みと思われることに、事情を話して抗議することもできないんですか? どういうことなんでしょうか。
     とにかく学習する必要がありますね。救援会豊島支部で学習会を開けるようにいたします。私、学習宣伝係ですので。

    二次会

    この会の主軸メンバーと面識を持っておくのは大事なことなので、集会のあとの飲み会に私も参加しました。救援会豊島で学習会を開くにも、これで協力が得やすくなるでしょう。
    左の写真はお料理の数々。




    共謀罪反対ウチワ

     集会の会場では、「共謀罪反対ウチワ」を配っていて、私も100円カンパして一枚いただきました。
  • 2007.07.01 Sunday
  • 01:31
  • 裁判員制度
  • comments(2)
  • trackbacks(1)

    

スポンサーサイト

  • 2017.09.23 Saturday
  • 01:31
  • -
  • -
  • -

    
コメント
>真理子様
 先日はお世話になりました。受付の関係で会場を見ることができなかったため、中身については後日のビデオで確認することにいたします。
 ちなみに、評議の秘密についてですが、密室の中でただでさえやりたくない「重罪事件」。容疑者への取調べと同様、暴力的行為や暴言、セクハラなどの不法行為の温床になるでしょう。そして、それを訴えようにも立証困難というとんでもない事態が起こりかねないと考えていますし、実際、この理由での「違憲訴訟」も続発するでしょう。
 
 明らかに憲法違反なのに、最高裁が無理にゴリ押しする姿勢が嘆かわしい。
 来年で本当にやるつもりなのだろうか?
 どう考えても無理だと断言してしまうのだが……。
 模擬もCMも市民の税金が使われてしまう。
 ただでさえ、国政は赤字まっしぐらなのに、そんな金を回す余裕があるとは(−−;
  • TS
  • 2008/12/13 5:22 PM
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)
 裁判員制度はいらない!6・29大集会、好評のうちに無事開催することができました。悪天候にも関わらず約350人(開場は500人収容だったので、天候が良ければもう少し上乗せできたかも)のご来場、私のブ...
  • 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
  • 2007/07/01 4:32 PM