大変な夕立でした

  • 2006.08.12 Saturday
  • 17:57
  • 日記・つぶやき
  • ニール・ドナルド ウォルシュ
    サンマーク出版
    ¥ 730
    (2002-04)
    花  花  花  花  花  花  花

    「神との対話 宇宙をみつける 自分をみつける」(ニール・ドナルド ウォルシュ著 サンマーク出版)を読み始め、やはり良いことが書いてあると思いますし、私がしゃべったことと同じだなとも思います。例えば、
    しかし、いちばん偉大な教師は外にいるものではなく、あなたがたの心の声である。それが、わたしが使う第一の道具だ。あなたがたの心の声は、わたしのいちばん大きな声だ。(P35)

    これはニール・ドナルド ウォルシュに示された神の言葉だそうです。で、神の言葉に聞き従うとは、自分の内なる声に聞き従うことである……これは、これまでに何度か私自身の口から出てきたことです。問われれば、このように答えるのですが、残念ながら、こういうことを問うてくる人は滅多にいないし、仮にいても、ちゃんと最後まで穏やかにこちらの話を聞く人は、もっと少ないです。
     その数少ない人の一人が池袋の歯科医で、先生と矯正の先生と髪の長い女の子を相手に私が話したことを書けば、ニール・ドナルド ウォルシュの「神との対話」シリーズくらいのものにはなるだろうと思うのです。
     

    雨 雷 曇り   大変な夕立でした。2時間くらいだったでしょうか。叩きつけるような雨とカミナリに、ネコともども家の中で震えていました。いまは雨も上がり、すずしく過ごしやすくなっています。
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 17:57
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)