「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ 上中下}(塩野七生 新潮文庫)

    ローマ人の物語〈14〉パクス・ロマーナ(上) (新潮文庫)
    ローマ人の物語〈14〉パクス・ロマーナ(上) (新潮文庫)
    塩野 七生
    ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中) (新潮文庫)
    ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中) (新潮文庫)
    塩野 七生
    ローマ人の物語〈16〉パクス・ロマーナ(下) (新潮文庫)
    ローマ人の物語〈16〉パクス・ロマーナ(下) (新潮文庫)
    塩野 七生

    ユリウス・カエサルが暗殺されてから十五年。彼の養子オクタヴィアヌスは、養父の遺志に逆らうように共和政への復帰を宣言する。これに感謝した元老院は「アウグストゥス」の尊称を贈り、ローマの「第一人者」としての地位を認めた。しかしこの復帰宣言は、カエサルの理想であった「帝政」への巧妙な布石であった―。天才カエサルの構想を実現した初代皇帝の生涯を通じて、帝政の成り立ちを明らかにする。
    内容(「BOOK」データベースより)

    「帝政」の名を口にせず、しかし着実に帝政をローマに浸透させていくアウグストゥス。彼の頭にあったのは、広大な版図に平和をもたらすためのリーダーシップの確立だった。市民や元老院からの支持を背景に、アウグストゥスは綱紀粛正や軍事力の再編成などに次次と取り組む。アグリッパ、マエケナスという腹心にも恵まれ、以後約200年もの間続く「パクス・ロマーナ」の枠組みが形作られていくのであった。
    内容(「BOOK」データベースより)

    ローマ世界に平和をもたらし、繁栄の礎を築いたアウグストゥスを、人々は「国家の父」と呼ぶようになる。しかしその彼にも大きな悩みがあった。後継者を誰にするか―妻リヴィアの連れ子ティベリウスは偉大なる父に反発して一方的に引退。娘ユリアの息子たちに期待をつないだものの、いずれも若くして死んでしまう。カエサルの構想した帝政は果してローマに根付くのか。アウグストゥスの「戦い」は続く。
    内容(「BOOK」データベースより)

    ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート

     塩野七生さんの「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ 上中下」(新潮文庫14、15、16)を読み終えました。13を読み終えたのが5月で、そのすぐあとに14,15を図書館で借りたのですが、なかなか読み進めることができないまま期限が来て返却。また借りて……を繰り返していました。正直言って、塩野さん、文章下手ですよね。それでもイタリアに住み、多くの資料を読み、取材をし、私の知らないことをたくさんご存知だから、途中で投げ出さずに読んでいますけど、もう少し、簡潔に分かりやすく書いていただけたらと思うのが、正直なところです。
     
     さて、「ローマ人の物語」の「パクス・ロマーナ」には、暗殺されたカエサルから後継者に指名された当時は17歳の青年だったオクタヴィアヌス(のちのアウグストゥス)が、14年間の内乱を終息させ、実力で他も認めるカエサルの後継者となった34歳から76歳で亡くなるまでのことが書いてあります。西暦紀元前63年から紀元後14年までのことです。
     つまりこの間に、ユダヤの地でイエスが生れているわけで、
    そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝アウグストから出た。――中略――ヨセフもダビデの家系であり、またその血統であったので、――中略――彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤはつきが満ちて、初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。
    (新約聖書ルカ伝第2章)
     と、聖書に書かれている皇帝アウグストとは、「ローマ人の物語 14、15、16」のアウグストゥスのことなんですね。しかし本書によれば、イエス誕生の前後には、ローマは国勢調査は行っていないようです。また、
    イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき……、
    (新約聖書マタイ伝第2章)
     のヘロデ王も紀元前4年に死んでいるので、イエスが生れたのが紀元元年なら、聖書の記述が違うことになりますね。教会などで聖書を読むと、ヘロデはかなり悪者になっていますが、本書はローマによる平和を確立しようとしているローマの視点で書かれているので、ヘロデのことも悪く書かれていません。視点が変わると、こうも違うかと思います。とにかく、大いに参考になりました。

    オススメ度 ★★★★☆。

  • 2007.09.09 Sunday
  • 14:11
  • 本・映画
  • comments(0)
  • trackbacks(1)

    

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 14:11
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)
ローマ人の物語を再び読み返しています。やはり非常に読み応えがあり、面白いです。
  • kei-ichiブックマーク
  • 2007/09/18 10:09 AM