「見えた! 裁判員制度の崩壊 11・13東京集会」


      おばちゃんの入院騒動で私自身が疲れてしまって、昨日の内に更新できませんでした。
     11月13日に弁護士会館講堂で開かれた「見えた! 裁判員制度の崩壊 11・13東京集会」に行ってきました。全国から330名の参加があり、関心の高さがうかがえます。来年の6月には、日比谷公会堂での2000人集会を計画しているとのこと。多分、こちらも成功するでしょう。私の耳が遠いのも一因と思いますが、マイクは使っていても音声が非常に聞き取りにくかったので、どういう話が出たのかを書くことはできません。
     が、左のビラを大量にもらってきたので、このビラに書いてあることを軸に、裁判員制度とはどのようなものなのか、またその問題点を簡単に紹介します。

    裁判員制度とは? 殺人、放火など重大犯罪の刑事裁判に市民を参加させ、裁判官と一緒に、有罪か無罪か、有罪の場合はどんな刑罰(死刑や無期も)を科すのか決めさせる制度です。
     政府は、2009年5月の実施をめざして準備を進めていますが、この制度を本当に始めさせてよいのでしょうか。
    「ストップ! 裁判員制度」のビラより
    辞退すれば処罰も 裁判員を辞退できるのは、70歳以上の人や思い病気や障害のある人に限られ、裁判所の呼び出しに理由なく応じなければ過料(違反金)が科せられます。
     ちょうど13日の集会の日に、おばちゃんが老人ホームで転んで、病院に入院し、手術をするかどうかドクターに返事をしなければならなくなりました。私はおばちゃんの身内であると同時に、成年後見人でもあります。入院の手続きやら支払いなど、私はおばちゃんの件で軸になって動かなくてはなりません。14日(昨日)は町田痴漢冤罪事件の判決日でしたが、おばちゃんのことで病院に行ったので、痴漢事件のために裁判所に行くことはできませんでした。これが裁判員制度だと、辞退の理由にならないんですね? それに年寄りなら我が家にもいます(母のこと)。寝たきりではありませんが、三食私が作っているんですよ。これも辞退の理由にならないんですね?

    人生観は無視する 「どうしても人を裁けない」という人の、そのような価値観人生観など無視されます。

    損害は補償しない 自営業者が裁判員になったら、しばらくは店を閉じなければなりません。上限一万円の日当があるだけで、損害が生じても補償されません。私(真理子)がお世話になっている近所の美容室は、美容師の先生とアシスタントの女の子二人ででやっています。一日一万円で家賃やら女の子の給料やらを払えると思いますか?

    弁護活動を制限する 現在の刑事裁判は、被告人を勾留(「こうりゅう)したまま進める人質司法です。裁判員制度は裁判員の都合を優先するため、被告人の弁護をさらに難しくします。



     まっ、ここではこれくらいにしておきます。13日には会場で下の二点のDVDと本を買ったので、その感想はまた別に書きます。救援会豊島で領収書をもらいましたからね、会計さん、よろしく。

     
  • 2007.11.15 Thursday
  • 04:52
  • 裁判員制度
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 04:52
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)