あじかん焙煎ごぼう茶



えきのる



グローリン・ワンクロス





































【京都通販】40代、50代からの大人服。エレガントなカジュアルからフォーマルまで!

















まるさん倶楽部

時計修理の千年堂

















上智の神学部?

     昨日の日曜日は、カトリック教会で特別な催しがありました。
     献堂60周年記念礼拝(ミサ)とパーティがあったのです。パーティで飲食しながら会場を歩きまわっているとき、北区にお住まいの元気のいいオバサンが私に話しかけて来たので、すぐそばにお住まいの北支部の方の話をしました。
     また元気のいい女性は、上智大学聖堂での九条の会の活動について話していました。毎月9日に宣伝活動をしているとのこと。「今日、9日だから行ったら?」とも言われましたが、急にそんなことを言われても対応できませんでしたが、帰宅してからネットで調べたところ、活動の中心にいるのが神学部の先生のようなのです。
     イスラム教のマホメットが神の啓示を受けたとき、マホメット自身は自分の身に何が起きたのか分からなかったのですが、夫人や夫人の従兄が、マホメットの身に何が起きたのかを理解し、マホメットに説明したそうです。
     で、私なんですが、「啓示があったんだろう」とも「モーセの霊が輪廻で付いているんじゃないか」とも言われていますし、弁護士Aに黙示録の光を見せたり、神風で瀕死の叔母ちゃんを蘇生させたこともあります。とにかく、私の身に何が起きたのかを私は誰かから説明してもらいたいんです。上智の神学部の先生なら、出来るかもしれないと思っています。
  • 2016.10.10 Monday
  • 15:34
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.04.29 Saturday
  • 15:34
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)