こんどは「立憲民主党」だって!

     我が家からいつもの病院へ行く途中、病院の少し手前あたりに、日本キリスト教団の小さな教会があります。あそこに教会がある事に気が付いたのは、そんな古い事ではなく、多分、一年くらい前の事と思います。私はあの前を二か月に一度、血圧の薬をもらいに病院へ行くときに通ります。また、DVD借りるのに、ゲオいつもの町店へ行くときも通ります。が、たいていは平日で、教会にはいつもカーテンがかかっていて、中の様子は分かりませんでした。それが先月(4月)27日金曜日の午後のこと。いつもの病院に行くために、あの教会の前を自転車で通った時、カーテンが開いていて、中が見え(と言っても、礼拝堂は見えませんでしたが)、驚くべきものが私の目に飛び込みました。何だと思います? 立憲民主党のポスターなんです。
     これを見て私は、40年以上前の中高時代の事を思い出しました。生徒や父兄も通るような職員室近くの廊下に、社会党のポスターが貼られ、これを見た父兄が、「どうしても貼りたければ、職員室の内側に貼れ」と、剥がさせたことがあるのです。あの学校はプロテスタント系キリスト教ですから、職員室の先生方は日曜日には教会に行きますね。要するに、日曜日に教会に行けば、学校の廊下に社会党のポスターを貼るような人が、教会役員か何かになっているということです。
     私の投票行動は、昔は自民党か共産党。共産党を除く野党各党というのに入れたことがありません。それがここ十年くらいの間に変わってきて、国民新党に入れたこともあるし、立憲民主党に入れたこともあるし、自由党推薦の人に入れたこともあるし、共産党に入れたこともあります。要するに浮動票無党派層なんです。一方私は、聖書も読むし、キリスト教式にお祈りもしているし、バブル期に大塚の家を売却できたのは、神様のお陰とも思っています。社会党の出る幕なんかないんです。このような私には、立憲民主党であれ何であれ、特定の政党のポスターを貼りだすような教会に行く気にはなりませんね。立憲民主党支持しなければ、あの教会は求道者を排除してしまうのでしょうか。
     あの日病院で何度測っても血圧が高かったのは、あのポスターを見て、びっくり仰天しいたからかもしれません。
  • 2018.05.12 Saturday
  • 19:54
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 19:54
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)