久しぶりに白米炊飯


    商品の説明
    ふっくらおいしいご飯を炊きます。【特長】・アルミキャスト製で、吹きこぼれにくく、軽いのでお手入れも簡単です。・炊飯だけでなく、煮炊きする料理にもて適しています。【使用方法】(1)お米を入れて沸騰するまでは強火で。(2)沸騰後、弱火にして約15分加熱します。(3)火を消す前にもう1度強火で約5秒加熱します。(4)火を止め約12〜13分蒸らします。(5)炊きたてのおいしいごはんの出来上がりです。



     玄米生活一年以上続けてきましたが、玄米を水に浸けると芽が出る。この芽の部分が痛風によろしくないようなので、過ぎたるは及ばざるがごとし、というわけで、いつものお米屋さんで先週末、久しぶりに白米(千葉県産あきたこまち)を買って、昨日炊きました。玄米を炊くのは圧力鍋。これに迷いはないのですが、白米炊くにあたって、どの鍋で炊くか少し迷いました。圧力鍋重いし、文化鍋で炊きたいんだけれど、こびりつきがすごいし、こびりつき落とすの面倒だし、内側がコーティングされている炊飯鍋にすれば良かったかな、でもコーティングは剥がれるから、長く使えないし、などと思いつつ、四畳半の住人さんを参考にしたり、蒸らし時間を多めにしたり、工夫したところ、心配したほどのこびりつきもなく、美味しく炊けました。
     ガス炊飯鍋ご検討の方に、私はトオヤマ文化鍋をオススメします。アマゾンレビューにもこびりつきがすごいというのがありますが、添付の説明書通りに炊くよりも、四畳半の住人さんの炊き方を参考にしたり、蒸らし時間を長めにとったり、少し工夫すると、こびりつき問題に悩まされることなくなります。カボチャの煮物を焦がしたときもコーティングがないから、ガシガシ洗えたのだと思います。
  • 2018.06.05 Tuesday
  • 18:27
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 18:27
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)