炊飯は文化鍋で

     2〜3週間前からでしょうか。左手首の辺りが妙に痛んで、力を入れることができなくなりました。一度整形外科で診てもらったほうがいいのでしょうけど、手首を痛めた原因に心当たりがるのです。圧力鍋なんです。玄米を炊いた後、右手に洗剤の付いたスポンジを持って、鍋の内側を洗ったり外側を洗ったり、内側をゆすいだり外側をゆすいだり、左手で圧力鍋をひっくり返したりするわけですよ。私の圧力鍋は大きくて重たいです。そして私の手は小さくて指も細いので、相当手首に負担がかかっていたのだろうと思います。これも、玄米を休んで白米に戻した理由の一つなのですが、やはり栄養豊富で美味しい玄米をたまには食べてみたいと思うのです。で、玄米炊飯をアレコレ調べたところ、文化鍋で炊いても、浸水時間は長く取らなければなりませんが、点火から炊きあがりの時間は30分前後。これだと圧力鍋と変わらないのです。今度試してみて、上手く行ったら、玄米も文化鍋で行ってみようと思います。文化鍋は鍋と蓋だけの単純構造ですから、洗うのも楽ですしね。
  • 2018.06.13 Wednesday
  • 18:59
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • 18:59
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)