H子ちゃん夫妻と昭和で飲み会

     板橋の居酒屋「昭和」で、東久留米のH子ちゃん夫妻と飲んできました。今年2度目のあの夫妻との飲み会です。あの店は立ち飲み席の他に椅子席もあるのだけれど、カウンター式というか横に並ぶ形になるので、5時に行かないと好みの席が取れないと思い、4時45分に板橋駅改札で待ち合わせしました。私は電車一本分遅刻してしまいましたが、開店間もな時間にお店に入れたので、好きな席に三人並んで座ることができました。
     今井さんは、週に一度はこの店に通う常連ですが、今日来るかどうか分からなかったのが、私たちよりも先に、裁判傍聴マニア氏たちと飲んでいらっしゃいました。
     最初に一人1200円分のチケットを買い求め、たいていの料理飲み物はチケット一枚。なかには二枚というのもありますが、料理はボリュームがあって、美味しくて安いと思います。飲み物をカポカポ飲めば1200円で足りなくなるが、そうでなければ1200円で足りるという特殊なお店です。
     ただし、ゆっくり歓談できる環境ではなかったので、昭和を早めに切り上げて、板橋駅近くに喫茶店に入りました。兄貴の三回忌法要について相談したら、「やったほうがいい」とのことでした。私も三回忌までは、人様に御案内を出して、ちゃんとやったほうがいいと思います。兄の命日は11月10日で、今年は土曜日なので、命日にできるかもしれません。姪っ子・甥っ子と相談しながら決めて行こうと思います。また兄貴が言った「取っておくのはオフクロの靴と……」については聞けませんでしたが、母も兄貴も「物を捨てる」ということができない人だったから、後のことは私がやらなきゃならないから大変だという話の中で、「サンヨーのユーフォー(U4ラジカセ)は捨てないほうがいい」と言われました。兄貴の愛したユーフォーには骨董品的価値があるようだし、ラジオはちゃんと聞けるのです。あの夫妻は、我が家の家庭の事情を知っているから、気兼ねなく話せます。
  • 2018.06.20 Wednesday
  • 23:01
  • 日記・つぶやき
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 23:01
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)