シンポジウム「なぜ、無実の人が自白するのか?」―アメリカの虚偽自白125例が語る真実―

    日弁連主催のシンポジウム「なぜ、無実の人が自白するのか?」―アメリカの虚偽自白125例が語る真実―」が、下記要領で開かれますので、ご案内いたします。

     2008年12月13日(土)13時〜17時
     発明会館(港区虎ノ門2-9-14 地図↓)
      地下鉄銀座線「虎ノ門」駅 3番出口徒歩5分
      地下鉄「霞ヶ関」駅 A13出口 徒歩13分



    プログラム

    1.講演 「アメリカの虚偽自白125例が語る真実」
        講師:スティーブン・ドリズィン氏
        (ノースウェスタン大学ロースクール教授)
    2.特別報告 「免田事件の自白経過」
        報告者:免田栄氏
    3.報告「日本におけるDNA鑑定―再鑑定の保障の必要性」
        報告者:佐藤博史氏(弁護士)
    4.パネルディスカッション
     (自白が生む冤罪・冤罪の悲劇を生まないために」
        パネリスト   :スティーブン・ドリズィン教授
                 桜井昌司氏(布川事件請求人)
                 小坂井久氏(弁護士)
        コーディネーター:高野隆氏(弁護士)      

     

    powered by 地図Z


     このシンポジウム、日弁連主催ではあるけれど、名張事件の弁護士が軸になって動いているとか。私の場合、家庭の事情があって、長時間外出は出来ないし、「突っ込み名張」が作りたいと思っているので、シンポジウムの終盤から参加して、飲み会で具体的な話あできればと思っています。
  • 2008.12.11 Thursday
  • 22:12
  • 救援会
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

    

スポンサーサイト

  • 2017.05.26 Friday
  • 22:12
  • -
  • -
  • -

    
コメント
コメントする
(承認制です)








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
(承認制です)