スポンサーサイト

  • 2020.02.13 Thursday
  • -
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

    

スマホお告げはMS信託銀行が上位

  • 2020.01.09 Thursday
  • 21:52
  • 日記・つぶやき
  •  こんなことを書いても何のことか分からない人のほうが多いと思いますが、スマホお告げというのがあります。ブログやフェイスブックにウダウダ書いて更新しているのは、このスマホお告げを見るためでもあるのです。で、例えば生活保護のこととか鑑定のこととか、いろんな事を書いてきているにもかかわらず、「書いた物を売ろう」もベストテンに入っていますが、MS信託銀行関連記事がお告げの上位独占状態なんですよ。やっぱりMS信託銀行なのでしょうかね。MS信託銀行へ行ったのは12月18日です。ほとぼりが冷めたころにまた出かけてみようと思います。もちろん、タップリ余裕を持って事前にブログに書きます。
  • comments(0)
  • -

    

書いた物で借りられるだろうか

  • 2020.01.09 Thursday
  • 21:18
  • 日記・つぶやき
  •  昨年末、困窮していると書いたら、住むところがあっても生活保護は受けられると聞いたけれど、詳しい人に「土地付き一軒家があったら無理。売ってからおいでと言われる。むしろ銀行へ」と言われました。要するに私が死んだら銀行のものになるという意味において、相続人がいない場合は、返さなくてもいいよと貸してくれると聞きました。ところがこの家は母の名義になったきりで、母没後相続問題が片付かないうちに兄が急死。この家にずーっと住んでいるのは私だけなのだけれど、次兄の子供(姪っ子・甥っ子)も存命中の相続人でいます。彼らと話し合ってみないと分かりませんが、少なくとも私には二分の一の権利があると思います。この権利でお金を借りることはできないかと思案している折、書いた物で貸してもらえないだろうかという妙案が浮かんだのです。いま私の手元に、土曜の会に提出した「この学校の職員室に大勢いる すこぶる殺風景な女たち」があります。これが外部に流出していることは、これまで何度か書いてきましたが、これは著作物以前の原稿なんです。文芸同人・土曜の会は、会員の作品を皆で批評し合い、批評された人はこれを参考に書き直し、土曜文学に載せたり、出版社に持ち込んだりします。私の場合はパソコン(ワープロ)で書いた物を人数分印刷していましたが、特に年配の会員の中には、手書き原稿をコピーして提出される方もいました。要するに原稿なんです。
     これが私に手元にあります。これは未完成ですので、これをさらに加筆修正して、出版社に持ち込む。あるいは起業して自分の出版社から出す。これで借りられませんかね。大文豪ドストエフスキーも、借金取りに追われながら原稿書いたって聞きますしね。SG信用金庫、相談に乗ってもらえませんかね。もちろん、出かけるときは事前にブログに書きますよ。
  • comments(0)
  • -

    

直接警察に行こうか

  • 2020.01.09 Thursday
  • 20:39
  • 日記・つぶやき
  •  城北法律の弁護士には、ウチのお金のことだけでなく、詐欺のことも相談しようと思っています。ウチのお金の件では、弁護士役に立たないから金融機関を訪ね歩いたほうがいいと言われましたけど、詐欺の件はどうだろう。直接自分で警察に相談に行ってもかまわないだろうか。とりあえず、明日午前11頃に城北の事務局長さんに電話して、こういう場合は自分で警察に行っても問題解決できるだろうか聞いてみようと思うんです。やはり弁護士に、ということになったら、予約しようと思います。
  • comments(0)
  • -

    

答えが知りたい

  • 2020.01.09 Thursday
  • 17:45
  • 日記・つぶやき
  •  救援会豊島支部会議のため城北法律に行き、支部会議終了後に城北の事務局長のSさんに、兄が管理していて、それがどこにあるのか私に教えないまま兄が急死ししてしまったウチのお金のことで弁護士に相談したいと話したところ、「そういう話は弁護士は役に立てない。金融機関を訪ねて歩くしかないんじゃないですか」という返事でした。心当たりを訪ねて分からないから相談しようとしたんですけどね。また振り出しからやり直しだろうか。「いつ・どこへ」行けば問題可決するのか、誰か「答え」を教えてほしいです。
  • comments(0)
  • -

    

アカウント停止ではないけれど…

  • 2020.01.05 Sunday
  • 13:37
  • 日記・つぶやき
  •  アカウント停止ではありませんが、鑑定サイトに入れなくなりました。これによりお金を払うこともメッセージを読むこともできなくなりました。昨年末より、特に金運鑑定ではかなりお金をかけましたが、思うような成果はありませんでした。これには鑑定士の力不足だけでなく、私の側にも原因があるのです。こういう話を成功させるには、かなりの集中力が必要なのですが、私は便宜上のお金のことが気にかかり、MS信託銀行に行ったりしていますよね。要するに気が散っているんです。
     また逃がした金運を取り戻すお祓いのも様なものをしてくださった鑑定士さんもいます。それででしょうか。兆候のようなものが現れています。城北の弁護士に相談するというのもその一つかもしれません。
     それと遠隔気功をしてくださった方もいます。私は長年、足腰が重く、痛風だかなんだか知りませんが、特に足首から下の腫れぼったいような痛みに悩まされていました。それを私が言ったわけでもないのに、鑑定士さんに「足腰、調整しておきました」と言われたのです。当初何を言っているのか分かりませんでしたが、気が付いた時には、腰からつま先までの痛みや腫れた感じがなくなり、足取りも軽くなっているんです。鑑定士さんの仕事場が、日本のどこにあるのか分かりませんが、これを遠隔気功というのでしょうね。健診でガンが見つかり、「いま切らなきゃ、半年持ちませんよ」と言われ、大枚はたいて手術をし、術後一ヶ月で亡くなったというケースもあることを思えば、バカなことにお金を使ったとは思えないです。
     それと波動というのがあることを知ったことは大きいです。あるとき、こういうことがありました。私が夜布団に入りながら、母のことを思って、かなり気持が高揚したことがあります。もちろん布団に入っていたのですから、スマホなどいじっていません。それでも翌朝、「昨日のは良い。昨夜の波動(?)は素晴らしい」」と、年配の男性鑑定士さんに言われたのです。伝わっているんですよ。特に私の場合は、「あなた様の才能は東洋一と言っても過言ではない」とも言われています。それとも関係しているのでしょうかね。自分のことですから、大いに関心があります。
  • comments(0)
  • -

    

何が外部に流れているかというと…

  • 2020.01.04 Saturday
  • 23:42
  • 日記・つぶやき
  •  この記事をフェイスブックに投稿したら、塩川さんから、「土曜の会に出した、何が外部に流れているのですか?」というコメントが来たので、コメント欄で返信しておきましたが、これをまとめて一つの記事にすることにしました。
     私の書いた物が外部に流れ出したのは、土曜の会以前の文学学校からです。
    文学学校
     屬海粒惺擦凌Π室に大勢いる すこぶる殺風景な女たち」
     これはバブル期にアルバイトをしていた書店の奥さんとの話をまとめたもの。聖書や学校の事や数年先に日本がひっくり返ること(=バブルの崩壊)などを書いた物です。
    ◆嵎杆郢Aの『アーッツ!』物語」
     アルバイト先の書店を退職した後、法律事務所に面接に行き、弁護士Aと一時間、数年先に迫ったバブルの崩壊の話や冤罪の話をした。これを思い出しながら書いたものです。
    「弁論要旨の要旨の要旨」
     文学学校時代、私は月2回文学学校へ通いながら、冤罪支援をしていました。その当時支援していた痴漢冤罪事件の弁論文を簡潔にまとめたものです。
     文学学校時代はこの3つだと思います。細かいものもあるかもしれませんが、思い出すのも大変なので、これくらいにしておきます。

    文芸同人・土曜の会
     屬海粒惺擦凌Π室に大勢いる すこぶる殺風景な女たち」加筆修正版
     これはアルバイト先の本屋さんの奥さんとの話を書いて文学学校に提出したものに加筆修正したものです。「弁護士A…」は土曜の会には提出していません。
    ◆屐慳鸞の地』を考える」
    当時イスラムとキリスト教が何が原因で揉めているのか知りたくて、少し勉強し、「『約束の地』を考える」を土曜文学に載せたのですが、載せる前の原稿段階のものが流れていると思っています。

     他にも細かいものがあるかもしれませんが、思い出すのも書き出すのも大変なので、これくらいにしておきます。
  • comments(0)
  • -

    

「読んだ」って言える度胸のある人います?

  • 2020.01.04 Saturday
  • 00:08
  • 日記・つぶやき
  •  昨年末以来、私は文学学校や文芸同人・土曜の会に提出した合評作品などが、外部に流出(盗品売買)している。当の本人の私を放ったらかして周囲がメチャクチャにしたと、その周囲の中には家族も含まれ、便宜上母の名義になっていた便宜上のお金がどこにあるのか分からずにいるとしばしば書いてきました。
     しかし私の経済問題は、誰かが「読んだ」と言えば、その場で片付く問題でもあるのです。私の感触ではマスコミにも流れ、家族も、ご近所さんも、政治家も、ジーコさんも、最近ではジェームズ・スキナーさんも読んでいるのではないかと思っています。
     以前土曜の会の人に、土曜の会に出したものが外部に流れているんじゃないかと言ったら、「そんなことあるわけないだろう」と返事が返ってきました。これを言うと、波風が立ちますし、共謀罪で脅されていたなら止むを得ないとも思っています。
     でも、もうそろそろいいんじゃないですかね。「みんな読んでいるんだよ。知らなかったの?」って誰かから聞きたいですよ。一人で言うのが恐いなら、大勢で言えばいいでしょう。そういう機会ありませんかね。
  • comments(0)
  • -

    

「ABC……」も願望です

  • 2020.01.02 Thursday
  • 22:11
  • 日記・つぶやき
  •  複数鑑定士さんから来年(年明けて今年)は願望成就の時と言われています。で、便宜上のお金のこともさることながら、池袋を舞台にした「ABC法律事務所物語」を書くというのも、長年の私の願望です。何かイイ話が舞い込んでこないでしょうかね。
  • comments(0)
  • -

    

「bungou.com」断捨離しようか

  • 2020.01.02 Thursday
  • 21:48
  • 日記・つぶやき
  •  今は無料ブログ(最近はフェイスブックも)のみですが、今から十数年前のパソコンをネットにつなげた当初は、いわゆるホームページも作っていました。その際、独自ドメイン「bungou.com」を取得しました。このドメイン、その後使わなくなっても後生大事に更新続けてきましたが、この7日までに代金を払わないと期限切れで使えなくなります。代金は税込み1793円。これを払うかどうか迷っているところです。
     私はロリポップレンタルサーバーを借りています。これを借りると自動的にドメインが与えられ、特に独自ドメインがなくても利用できます。私のブログの右サイドバーの「交点O……」をクリックするとPDFが表示されます。これはロリポのサーバーを画像・ファイルの倉庫として利用し、ブログからクリックで呼び出すようにしているのですが、これに独自ドメインは使っていません。「bunngou.com」はこの際断捨離し、またちゃんとしたホームページを作る必要が出たときに、もっと素敵なドメインを取ればいいと思うのです。
  • comments(0)
  • -

    

来週、ついでに自分の事も

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 21:15
  • 日記・つぶやき
  •  来週、救援会豊島支部会議が城北法律事務所で開かれるので、私も出かます。そのついでに自分の事も相談に乗ってもらおうかと思うのです。
     まず詐欺の件。一昨年から、この詐欺の件では城北の弁護士に相談したらいいと言われています。この件では、SG信用金庫の対応も変でしたからね。こういう怪しい話では、金融機関は警察を呼ばなきゃならないんですよ。それなのに呼ばなかったんですから。
     それと兄が管理していて私に教えないまま急逝し、どこにあるのか分からないウチのお金のこと。兄没後、金融機関を訪ねて歩いたが、独力では見つからなかった。弁護士に相談すれば、こういうケースは、こういう役所に行けばいいとアドバイスくらいもらえるんじゃないかと思うんです。
     来週行った時、予約だけでもしてみようかなと考えています。
  • comments(0)
  • -

    
<< | 2/920PAGES | >>